2011年03月31日

今夏深刻な電力不足を迎える首都圏

今日で3日連続の計画停電見送りで、
明日、4月1日も見送ると東電から発表があった。

毎日、東電の発表に注目しながら生活しているこの頃。
では、この計画停電、いつまで続くのだろうか。。。
色々情報を調べてみると、4月末に一旦止めて
夏に再開する可能性が濃厚だって。


先ず、東電の発電所の施設は以下、5つ。
・原子力発電所(1,730.8万kW)
・火力発電所(3,637.1万kW)
・水力発電所(852万kW)
・風力発電所(500kW)
・地熱発電所(3,500kW)

合計電力供給力は、約6220万kW。
現在の東電の供給能力は、3650万kW。

夏場に迎える、年間最大の電力需要は5500万kWと見込まれている。

その差、1850万kW。

現在停止炉の柏崎刈羽原子力発電所の
2、3、4号機(330万kW)
鹿島火力発電所1〜6号機(440万kW)
横須賀火力発電所3、4号機、ガスタービン2基(90万kW)
常陸那珂火力発電所1号機(100kW)
が仮に稼動しても890万kW足りない。

穴埋めはどうするか。
これから大変!

【関連する記事】
posted by KEIMO at 13:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック