2011年04月04日

上野公園の花見自粛について

先週3月28日、気象庁より東京靖国神社の標本木で開花が宣言された。
後のニュースの続きを見ててびっくり。
今年は、被災地に気遣い、上野公園、石神井公園では
花見を自粛するように。
と、看板が立てられているらしい。

今日仕事の合間に上野公園へ行ってみると
やっぱり自粛ムードでいつもはブルーシート一面の通路がガラガラで
人も全然少ない。
今回の呼びかけは被災地の現状を考えてなんだろうけど
何でもかんでも自粛では日本の中心である東京の景気が
冷え込み全国に波及し、被災地の復興にだって悪影響が出て、
デフレ脱却を目指す日本の大きな足かせになることは容易に想像がつく。

節電のため、夜間は提灯を点さないというのなら分かるけど
人が活動をしようとするきっかけを自粛させるというのは経済活動を
自粛するということ。
だいたい、両公園とも東京都の所有地なんだけど
そこで自粛を促すことなんて権利あるのかね?

被災地のことを考えればって、それよく分かるけど
過度な自粛は何もいいことない。
福島第一原発問題は長期戦を覚悟すると首相が見解を示したけど
じゃあ、収束までの間ずっと盛り上がること、酒を飲むこと
自粛しなくちゃいけないの?

人の命の話をしてるときに、金の話って思われるかも知れなけど
現実的にお金も大事で必要。
やれることはやらないと、経済はどんどん悪化する。

110404 010.JPG

110404 013.JPG

【関連する記事】
posted by KEIMO at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック