2011年04月14日

楽観主義者って危ないのかな?


人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-


この本のタイトル見たとき、
「そうそう!」と心の中で大きく頷いた。
「自分は死なない」と思ってる?
確かにそう思ってる。

放射能レベル。
報道や政府が出してる線量を鵜呑みにしてるけど
約一ヶ月経過して避難区域となった福島県飯舘村などの5市町村、
原発事故を「レベル7」に引き上げた政府の発表を考えると、
何が『真実』なのか誰にも分からない。

『真実』なんて無いのに『真実』を求めて何かに頼りたい気持ちが間違った道を造る。
すると、通常ではどう考えてもおかしいだろ!?という憶測や、
オカルトのようなものが平気で跋扈し、急速に流行り、
日本国の動き方、見方が変わる時期がそう遠くない今後来るのだと思う。

大災害を目の前にして指をくわえて傍観しているだけの政府の対応見てると、
個人での的確な情報収集が大事なんだと思う。
しかしもっと大事なのは、それを見極める力、判断する力、胆力、
を養うことに研鑽しなければいけない。


ではまた。
【関連する記事】
posted by KEIMO at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック