2011年07月20日

読書

久しぶりに、生存している熱い日本人の本に出会いました。

憂鬱でなければ、仕事じゃない
posted by KEIMO at 12:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

テンペスト

テンペスト 池上永一著。

一気に読了。

読み終わるのに、丸3日くらいかかる長編作品だけど、
主人公の孫寧温(真鶴)の考え方、生き方に感銘。

19世紀末(日本では幕末時代)の琉球王国の歴史も学べるし、
もし自分が薩摩から借入をし、清国より冊封を受け
列強から圧力を受け
人口17万人に満たない東シナ海に浮かぶ小国、
琉球王朝の国府で働くとしたらどういう政策、外交を組むか、
などと想像するとより楽しく読むことができます。

印象に残った琉歌は
弓の的ごころ肝や定めやり 騒がねばとどく人の思ひ
(目的を達成するためには、弓の的を射るように心を落ち着けて
慌てずに集中すれば、必ず思いは届くものだ)

寧温の印象に残った言葉では
「王朝5百年の歴史の中で見ればひとりの役人にすぎません。
しかし私は今まで王朝を支えてきた、たくさんの役人たちの道の上にいます。
名もなき彼らは立身出身とは縁がなかったかもしれません。
彼らは常に王府を監視し、不正を糺し、そのせいで王府を去ったこともあったでしょう。
でも道だけは残してくれました。
今、私が怖じ気づいて保身をしたらこの道を塞いでしまうことになります。
次の世代の役人たちが途方に暮れないためにも、私が道を示すのです。
たとえ討たれて王宮を去ることがあっても、道だけは残します。それが役人の務めです。」

多嘉良のおじさんのキャラクターも面白い!
オススメ!

P1090837.JPG
posted by KEIMO at 13:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

大富豪アニキの教え


大富豪アニキの教え


先週の日経に載っていた広告を見て即興味が湧いたこの本。
昼休みに、本屋へ行ってみたら売ってない。
今日の帰り道、他の本屋寄ろう!

安岡正篤先生は、
 「読書して疲れるようではまだ本当でない。
疲れた時読書して救われるようにならねばならぬ。 」

とおっしゃている。今、その気持ちが少しだけ分かるような気がします!
posted by KEIMO at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

中村天風先生

運命を拓く 天風瞑想録

運命を拓く。 中村天風著

私の仕事のバイブルです。
素直に、本当に素直な気持ちでこの本をかばんに忍ばせ
暇があるときにいつもこの本を読み返すと運命が拓けます。
とは言ってもこの本は大きいし重いので最近この本は
机の上に置いておいて
今は護国寺の天風会館で1,000円で売っている、
天風誦句集(一)を常にワイシャツのポケットに忍ばせ
暇があるとき読むのですが、これが本当に役に立つ。 
辛いとき、苦しいとき、悩み事が全くないビジネスマンなんて
いないと思う。
だからそこ天風先生の書籍が現代でも何人のバイブルになるのだと考えます。

*天風会で月一で発行されている「志るべ」は残念ながらあんまり響きません。。


ではまた。
posted by KEIMO at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

丸善

丸善の中でも日本橋店が一番好き♪

posted by KEIMO at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

速さは全てを解決する



ハウツーのような本。
著者は相当頭がいいと思う。
こういう人が近くにいると、多分人は育つ。
物事には、理解をする。という上に、人に教える。というステージが
あると思うけど、この人はそれが完璧に出来ているし
惜しげもなく教えてしまうところも凄い。

組織の中の一人として仕事(特に事務ワーク)をしている人には
参考になる本だと思う。


posted by KEIMO at 17:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

20世紀少年

先週の月曜日(祭日)、菊川のラーメン屋に行って、待ち時間に置いてあった
漫画『20世紀少年』を読んだことがきっかけで、はまってしまい
その足で、両国のブックオフに行き、24巻(22巻+21世紀少年上下巻)を
中古で買ってきて今読書中。

2〜3年に一回、漫画を大人買いして一気に読みたくなる。

って、この前大量購入して読んだ漫画なんだったろう・・・。

思い出せない…


posted by KEIMO at 09:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする